勃起不全はどのような治療があるのか調査!

勃起不全ってどうしたらいいのか?病院に行かないととは思っていてもどんなことをするのか分からないとかなり不安になります。そして何となく勃起不全で病院に通ってると知られるのも恥ずかしい気がするので、まずはどんな治療法があるのか、自分に合うのはどれなのかを知るべきでしょう。

*

日本の病院で処方が可能な勃起不全の治療薬

      2016/11/27

勃起不全の治療薬は3種類に分類することができ、それぞれ病院でも処方をしてもらうことが可能です。

各治療薬によって異なる効果となっていますので、違いを理解した上でどれを使うかを決めるようにした方が良いでしょう。

バイアグラ

まず始めに挙げられるのがバイアグラです。

勃起不全の治療薬の中でも最も有名な存在であり広く活用されています。有効成分にシルデナフィルを配合し、比較的短時間で作用する薬となっています。空腹時に服用する場合ですと約30分程度で効き目を発揮しますので。使い勝手としては良いと言えます。効果が出始めてからの持続性としては約5時間程度です。

バイアグラを服用することによる副作用としては顔のほてりをはじめ、目の充血や頭痛、動悸、鼻づまりなどが挙げられます。そしてこうした副作用が起こるリスクは非常に高いです。大体9割以上の方に何らかの症状が出るとされています。

レビトラ

続いてレビトラが挙げられます。

バイアグラ同様に短時間で効果が発揮される薬ですが、配合されているバルデナフィルという成分は水に溶け易い為にさらに効果が出易いという特徴を持っています。空腹時に服用をする場合ですと約20分ほどで効果が発揮されますから、より使い勝手としては高いです。

効果の持続性についても約5時間程度は続くとされていますので、バイアグラと比較をしても遜色のない使い勝手と言えるでしょう。なお、レビトラの副作用はバイアグラと同様となっています。

シアリス

次に挙げるのがシアリスと呼ばれる薬であり、この薬にはタダラフィルという有効成分が含まれています。

シアリスは前述した2つの薬とは異っており、すぐに効果が発揮されるものではありません。じわじわと効き目が発揮される薬ですので即効性という面では劣っています。しかしながら長時間作用するという特徴があるのです。先の薬は数時間程度で効き目がなくなってしまうところ、シアリスの場合は有効成分の配合量にもよりますが、24時間以上も効果が持続しますので維持させたい時に適している薬と言えるでしょう。

なおじわじわと効いてくるということもあり、服用をするタイミングとしては性行為の3時間前くらいが良いとされています。副作用としては頭痛や潮紅、ほてり、消化不良、筋痛、鼻づまり、四肢痛などが起こることがあるとされていますが、ただマイルドに効く薬の為に副作用は出難いです。およそ3割程度の方に出る確率となっていますので、他の薬よりも副作用の心配は小さいと言えます。