勃起不全はどのような治療があるのか調査!

勃起不全ってどうしたらいいのか?病院に行かないととは思っていてもどんなことをするのか分からないとかなり不安になります。そして何となく勃起不全で病院に通ってると知られるのも恥ずかしい気がするので、まずはどんな治療法があるのか、自分に合うのはどれなのかを知るべきでしょう。

*

勃起不全なのだろうか?自分で出来る診断チェック

      2016/10/18

性行為を行う際に男性器が十分に硬くならず、思うように行為を行なえない状態が勃起不全の症状の特徴です。

とは言え、本当にその症状を患っているのか、一般人ではわかりにくい部分があるのは確かです。一般人でも症状の判断ができる方法がありますので、疑わしい症状を持っているなら行ってみましょう。

勃起状態が維持出来ているかはIIEF5

その方法はインターネットを利用します。世界的に有名なファイザー社のサイトなどの他、検索をするとセルフチェックができるようになっています。自宅にいながら誰にも邪魔されずに手軽に行なえますので、時間があるときにでもやってみることをおすすめします。

セルフチェックに使われているのは、IIEF5というもので、正式名称は国際勃起機能スコアになります。

5つの問診に答えていく形になりますが、すでに用意されている答えから選び出すだけですので作業自体は簡単です。

一部をピックアップすると、勃起状態を維持する自信について質問されます。非常に低い、中くらい、高いなどの5つの答えからふさわしいものを選び出し、チェックを入れていく流れです。全ての質問に回答すると、点数で結果が表示されます。合計21点以下ならば、勃起不全が疑われると診断されます。

21点以下であったとしても必ずしも発症しているとは限りませんので、とりあえずは気軽に病院で相談することをおすすめします。

硬さをチェックするにはEHS

勃起不全であるかをチェックするバロメーターとして大切なものに、勃起の硬さがあります。アメリカが開発した勃起の硬さにおける指標が公開されていますので、調べてみましょう。

この指標はEHSと呼ばれており、こちらもファイザー社のサイトなどの他、検索をすると日本版のEHSの紹介がされています。0から4までの5段階で判断し、グレード0が全く陰茎が大きくならない状態で最も症状の重いパターンだといえます。

グレード1は陰茎が大きくなっても硬くならない状態です。こんにゃくの硬さに例えられます。

グレード2が陰茎が硬くなっても、女性器への挿入が困難な状態です。みかんの硬さに似ています。

グレード3は挿入はできるものの、十分な硬さを維持できない状態です。グレープフルーツと似た硬さをイメージしましょう。

グレード4が陰茎の硬さが十分にある状態です。りんごの硬さと同じような感覚です。

勃起するはずの状況で陰茎を触ってみて、それぞれの食べ物の硬さのイメージと照らし合わせてみます。各グレードの症状を確認し不安に感じたなら、病院で相談すると適切な診断をしてくれます。